会社の付き合いでの接待や冠婚葬祭などでタクシーチケットを受け取ったりしたことはありませんか?
タクシーチケットはとても便利なものですが、意外と知られていない仕組みです。便利にタクシーをご利用いただく為にも、事前にタクシーチケットのことを知っておきましょう。

タクシーチケットとは?

タクシーチケットとは、タクシー代金をお支払いいただく際に、チケットをお渡しいただくことにより代金を後日支払い(後払清算方式)にすることのできる便利なものです。
チケットご利用代金は、後日請求書が届きますので、指定口座に料金を振り込むか、タクシー会社によっては自動引き落としで料金をお支払いいただきます。

タクシー会社や、タクシー協会、クレジットカード会社などがそれぞれ独自のタクシーチケットを発行していますので様々な種類のチケットが使われています。
基本的には、タクシー会社発行のものはそのタクシー会社、協会発行のものはその協会に加入しているタクシー会社、クレジットカード会社発行のものはその加盟店のみでご使用いただけます。

タクシーチケットの使い方

ご利用の際には、タクシーチケットに乗車料金、乗車年月日、乗車区間、利用者名を記入して運転手にお渡しください。
タクシーチケットには、利用可能期限や利用上限金額が定められていることがありますので、ご利用には注意が必要です。

タクシーチケットのお申し込みやご利用上の注意事項につきましては、最寄りのタクシー会社やタクシー協会、またはクレジットカード会社までお問合せください。(※チケット発行には、発行手数料や保証金が必要となる場合もございます。)

車内で財布から現金を出す必要がなく、便利にご利用いただけますので、タクシーご利用の際には是非、タクシーチケットをご活用ください!

「チケット控え」がある場合には、利用内容をご記入いただき、請求書が届くまで保管してください。

利用上の注意事項

  • チケットのご利用は、基本的にはチケットお申込み者様のみに限られます。
  • 第三者にチケットをお渡しいただく際には、チケットお申込者様自身の責任においてお渡しください。
  • チケットに記載されている利用限度額等の制限事項は、厳守していただきますようお願い申し上げます。
  • チケットの紛失や盗難による損害は、原則としてチケットお申込者様のご負担となります。
  • チケットは小切手等と同様に有価証券です。チケットの複製・改ざん・偽造・不正入手したチケットのご利用等は、刑法で罰せられますのでおやめください。